一曲入魂 3 「Sharks And Punks」 MR.ORANGE

Sharks And Punks

今回はギタリスト目線での選曲。Mr.Orangeの「Sharks And Punks」です!

え?誰って?私も詳しくは知らない(笑)。

昔アルバイトしてた時に有線から流れてきた1曲が気に入って、CD1枚だけゲット。
活動期間も短く、知らない人の方が圧倒的に多いでしょうね。

「マイナーバンドかよ!」と侮ることなかれ、ギターなかなかカッコいいですよ。

♪「Sharks And Punks」


Jambalaya (2002)

私がこのバンドで注目したのは、ズバリ、ギターのみ

このアルバムを聴く限り、音楽性はパンクですね。
申し訳ないですが、歌ものとしては聴けるものではないです。
歌が素人レベルなので。

で、どうやらこのバンド、ボーカルギター、ベース、ドラムの3ピースですね。
いいボーカリストが見つからなかったのでしょうか?かなりもったいないですね~。

そしてこのアルバムは、解散前の最後の作品のようです。

ギタリスト SCHON

このアルバムでギターを弾いているのはSCHON(ショーン)という方。
ギタリストとしてだけではなく、作曲、編曲など多岐に渡って活動されています。
あ、日本人ですよ。

Mr.Bigのポール・ギルバートから、多大な影響を受けたようです。

うん、そう言うことなら、私がこの曲に耳を傾けたのも当然の結果だね。
ポール・ギルバート、私も大好きだったのだ^^v

この楽曲について

アップテンポでハネてます。こういうの大好物。
歌自体はパンクですが、ギターはハードロックしてます!

先にも述べましたが、聴き所はギター。正直歌いらん。

特にソロがカッコいいです。速弾きはもちろんですが、
私が注目したのはソロの展開。

Bow Wow、山本恭司氏のような、個人的に聴き馴染みのある進行、
そういった部分に「おっ!?」となったんです。

結構長めのソロですので、ギタリストの方に特におすすめの曲です。

実は大物が関わっていた!

この曲、作詞はポール・ギルバートが担当しています。

作詞かよ!と、思わず突っ込んでしまいました(笑)。

さらには、元メガデスで日本語も上手いギタリスト、マーティ・フリードマンが
参加しているようです。

記事を書きながら色々調べてみると、驚きの事実が結構出てきました(笑)
恥ずかしながら、今の今まで知らなかったっす。

おわりに

まだまだ名も知らぬ名曲たちを、ジャンルを問わず紹介していきたいと思います。
今回はマニアックにギターピンポイントでのご紹介でした。

動画もまだあるようなので、興味が沸きましたら是非、チェックしてみて下さい。

●YouTube ⇒ MR.ORANGE – SHARKS AND PUNKS

それでは、次回をお楽しみに~。

ABOUTこの記事をかいた人

nanasi

知識ゼロから、WordPressで音楽サイトを構築すべく、現在も悪戦苦闘中。名前も画像も、コロコロ×2変えながら、徐々に形になっていく様もお楽しみ下さい^^ 投稿は週1くらいのマイペース。慌てずまったりと楽しみながら、末永く続けていきたいと思っとります!