一曲入魂 4 「Windows Of The World」 ELEGY

Windows Of The World

今回ご紹介するのは、オランダのバンド、エレジーから1曲。
超マニアックだろうが、それがいい(笑)。

ハードロック・ヘヴィメタル好きの方はもちろん、ギタリストの方にも超絶おすすめです!

この曲は、今でも無性に聴きたくなることがよくあります。
一聴して、ヨーロッパのメタルサウンドだとわかります。様式美、ってやつ?^^

知ってる人も知らない人も、それでわ、いってみよ~ノ

♪「Windows Of The World」


Supremacy (1994)

本曲は、エレジーの2ndアルバム「Supremacy」の1曲目にクレジットされています。

私はこのアルバムでエレジーの事を初めて知りました。一応ジャンルとしてはメタルなんでしょうが、それ一辺倒の単純なバンドではありません。

本作では、ハードなサウンドはもちろん、ポップな曲やバラードなんかもあるんです。

特にポップな曲は「メタルポップ」と言うのが一番しっくりくる、とても新鮮で、自分の中には無かった新しいサウンドでした。

ヨーロッパのメタル=様式美

英語圏外のヨーロピアン・メタルは、イコール様式美といった印象が強くありました。
荘厳で格式が高く、クラシカルなサウンドが基調になっており、かなりテクニカル。

代表格は、ジャーマンメタルのハロウィン、フィンランドのストラトヴァリウスなどが名を馳せましたね。ですが、私はマイナーなエレジーが一番好きです。最も様式美色が薄い?から、かな。

オランダのバンド、エレジー。まさに未知との遭遇。
オランダ、馬鹿に出来ません(笑)

この楽曲の魅力

「Windows Of The World」はツーバスドラムで超アップテンポ。
ボーカルは超ハイトーンで、歌メロも結構しっかりしています。

ですが、何といってもギター。特にイントロがもうめちゃくちゃカッコいい!
速弾きっちゃあそうなんですが、ド頭のフレーズはスウィープでしょうか?気持ち良すぎです。

終始ツインギターで弾き倒していますが、ソロではしっかりとエレジーの世界観を見せてくれています。アルバムのオープニングチューンには持って来いの楽曲です。

バンドは既に解散済み?

あまり情報が無いので分からないのですが、調べた限り、2002年にリリースしたアルバムを最後に解散したかと思われます。エレジーとして合計8枚のCDを出しています。

その内、私が所有しているのは6枚。1st~3rd辺りはお気に入りでよく聴きました。ですが、正直後期になるほどつまらなくなっていくのです。

どんどんまとまって普通になっていく、そんな感じ。多少荒さや甘さが残る前期作品の方が私は好きでございます。

CDを購入するには、中古という選択肢しかないでしょう。激安で売ってると思うので、お試しにどうぞ!

おわりに

今回はエレジーの2ndアルバム、Supremacyから「Windows Of The World」をご紹介しました。

私はこの2ndアルバムが一番好きなのですが、1st、3rdもなかなかオススメです。
4thアルバムでボーカルが実力派と言われたイアン・パリーに変わるのですが、どうやら私はそれがダメだったみたい。

初代ボーカリスト、エドワード・ホーヴィンガより確かに上手いけど、個人的には「よくいるボーカリスト」という印象の域を出ない。なんかつまんない(笑)

これは他の人の評価とは真逆を行ってるみたいです。まぁ好みに依るところでしょうか。

それでは今回はこの辺で失礼いたします。次回もよろろ~。

ABOUTこの記事をかいた人

nanasi

知識ゼロから、WordPressで音楽サイトを構築すべく、現在も悪戦苦闘中。名前も画像も、コロコロ×2変えながら、徐々に形になっていく様もお楽しみ下さい^^ 投稿は週1くらいのマイペース。慌てずまったりと楽しみながら、末永く続けていきたいと思っとります!