先取りエフェクター!「Kingsley Amplifiers」

私、徐々に機材マニア化が進んでおります。

興味が沸いたものに対する探求心が暴れまくり。エフェクター熱は少し冷めてきてはいるのですが、ひょんなことから今回ご紹介する「Kingsley」を知る事となりました。

動画での音確認はあくまで”参考程度”と捉えるようにはしているのですが、ここのペダルの音を聴いた時、マジで「欲しい!」と思わされました。一目惚れならぬ一聴惚れ(笑)。

ちょっと本気で個人輸入を考えています。

国内楽器店の皆々様方、是非、取り扱いをご一考下さいm(__)m
いや、してくれいッ!!

Kingsley Amplifiers

Kingsleyについて

Kingsley Amplifiresはその名の通りアンプブランドとして2000年に創業。創始者はプロギタリストでもあるSimon Jarret。カナダを拠点としています。

ハンドメイドを信条としており、小さなチームにて製品を作り上げているようです。2008年からはペダル製作にも着手し、真空管を複数本搭載しているものもあります。

音はもちろん、そのコンパクトさからも技術力の高さを伺えます。

Kingsley Amplifires
http://kingsleyamplifiers.com

 

このペダルに惚れた!

とにもかくにも、音をご確認下さい。
そして、私の様に魅了された者、皆で声を上げましょう!(笑)。

Constable

こちらはPlexiスタイルのペダルプリアンプ。12AX7を2本搭載。
前半はペダルの解説部分ですので、動画開始位置を4:35~にしています。

コントロール部は3バンドEQ、歪みを調整するVolumeが2つ、そしてMaster。Brightスイッチやその他モロモロありますが、詳細は不明。電源は12VDC/500mAとなっています。

マーシャル系がどうとか関係なく、素晴らしいサウンド。クリーンも歪みもトーンクリエイトもこの一台で!コレとパワーアンプがあればもう何もいらないんじゃないか?(笑)。

そう感じさせてくれる、私がKingsleyを知った動画が次になります。

 

Kingsley Pedals (Total)

実は今一番欲しい機材は”パワーアンプ”なんです。
FryetteのPowerStation(PS-2)、Seymour DuncanのPowerStage、この2機種どちらにも興味があり調べていた所、この動画を見つけました。

Kingsleyのペダルを使用し、パワーアンプ比較を行ってくれています。パワーアンプ目当てのハズが、いつの間にかペダルの方に興味シフトしてしまってました(笑)。

いや、だって音良すぎでしょ。

動画では、Constableを他のペダルでブーストしています。Jugglerというプリアンプの音も確認できます。コチラも12AX7を2本使用し、クリーンはアメリカンタイプとのこと。

Kingsleyのチューブプリアンプ、是非とも手にしたい一品!
必ずゲットしてみせると、心の中で宣誓(今)

※追記
大手の流通ラインにも乗らない程の小さな会社なので、購入するには個人の英語力で直接やり取りしなければいけません。コレはちょっと無理だなぁ( ;∀;)。

 

終わりに

今回は個人的大注目ブランド「Kingsley Amplifiers」をご紹介しました。

おそらく黙っていても国内に流通することは無いでしょうね。

色んな楽器店に問い合わせてみようかな~。期待できそうなのはサウンドハウスでしょうか。
個人でやり取りできる英語力が有りませんので、輸入代行なども視野に入れないとダメかな。

Kingsley「Constable」ちょっと本気で欲しいペダルです。

パワーアンプはいずれ購入するとは思いますが、まだ様子見。
Seymour DuncanのPowerStage700/170が、未だ正式に国内では発売されておりませんし、機能的に魅力的なFryette PS-2はちょっと高いですからね。

偶然出会えた素晴らしき音、埋もれたままではもったいない機材など、気になったものを見つけたら、ガンガンシェアしていきたいと思ってますので、期待せずお待ちください。

ABOUTこの記事をかいた人

nanasi

知識ゼロから、WordPressで音楽サイトを構築すべく、現在も悪戦苦闘中。名前も画像も、コロコロ×2変えながら、徐々に形になっていく様もお楽しみ下さい^^ 投稿は週1くらいのマイペース。慌てずまったりと楽しみながら、末永く続けていきたいと思っとります!