アンプはボードに入れる時代!?驚愕のペダル型アンプたち

貧乏暇なし、部屋狭し(泣)。ということで、小さいものは大歓迎!

個人的環境、趣向として小型機材に今注目しており、特にアンプヘッドに物欲センサーが向いております。先の記事で小型ヘッドを集めてみましたが、今回はペダル型。

ヘッドタイプのものよりも、更に可搬性に優れているペダルタイプ。
こんなものまで出ているのか!」と記事を書きながら叫びまくってしまいました(笑)。

真空管の小型化や、新しい技術により、ペダル型のアンプは増えていく気がします。今回は、その先駆けとなるであろう、素晴らしき現行品たちをピックアップ。

エレハモ「44magnum」やAMT「Tube Cake」等、パワーアンプは除外しています。

驚嘆!ペダル型アンプ

Quilter

MicroBlock 45

 Quilter / MICRO BLOCK 45
Quilter / MICRO BLOCK 45

  • 出力 : 33/45W
  • コントロール : GAIN, TRI-Q, MASTER
  • 端子 : GUITAR IN, SPEAKER OUT, AUX IN, PHONE OUT, 24VDC OUT
  • サイズ : 60(W) × 110(D) × 30(H) mm(ノブ除く)

自社の持てる技術をガンガン形にしているQuilter。

Quilterと言えば、ミニヘッドのラインナップが豊富ですが、こんなものまで出しております。ペダルサイズのアンプヘッド。もうヘッドという括りではないですよね(笑)。まさにこれこそ「ペダルアンプ」。

このサイズ故、エフェクトループ等は当然ありませんので、エフェクターは前段に繋ぐことになります。空間系等を使うならクリーン設定が基本となりますね。

用途は限定的かもしれませんが、素直に拍手を送りたい。

■参考動画

Quilter HP
http://www.quilterlabs.com/index.php/productpage/microblock-45

 

Diago

Little Smasher

  • 出力 : 5W
  • コントロール : BASS, TREBLE, GAIN, VOLUME
  • 端子 : INPUT, SPEAKER OUT(4-16Ω), 9VDC(600mA)
  • サイズ : 120(W) × 86(D) × 43(H) mm
  • 重量 : 600g

発売は2010年頃。手のひらサイズのアンプヘッドの先駆け。

出力5W、音色コントロールとして-30dB~+15dBまで増減できる2バンドEQを搭載。メーカーサイトには”澄んだクリーンからプレキシを思わせるクランチまで“とあります。

入出力端子は必要最低限、エフェクトループが無いので、練習用途以外では使いどころが難しそう。ただ、5Wながら音量は印象以上に稼げるようです。

それにしても「激安」ですね♪

■参考動画

electroharmonix(商品ページ)
http://www.electroharmonix.co.jp/diago/littlesmasher.html

 

Traynor

Quarter horse

  • 出力 : 25W
  • チャンネル : 2ch
  • コントロール : CLEAN VOL, DRIVE GAIN, DRIVE TREBLE, DRIVE VOL, TREM/TAPE SW, DEPTH/REPEATS, RATE/TIME, REVERB, MASTER VOL, FOOT SW(CHANNEL/EFFECT/REVERB)
  • 端子 : INPUT, LINE OUT/PHONES, 24VDC, SPEAKER OUT,
  • サイズ : 180(W) × 140(D) × 50(H) mm
  • 重量 : 0.5kg

Traynorは本格的な真空管アンプヘッド、真空管コンボアンプ、キャビネット等を制作しているカナダのアンプブランドです。ギターのみならず、ベースやキーボード用のものもラインナップしています。

Quarter Horseは彼らの意欲作と言えると思います。これまでに培われた経験と技術をペダルサイズに落とし込み、製品化に成功。コチラはソリッドステートアンプ。

特筆点はエフェクトを搭載していること。トレモロ、テープエコー、リバーブを使用可能。ただし、その代償?としてツマミが多くなり、EQが削られています。

ラインアウト・ヘッドフォンアウトは共用でスピーカーエミュレートされ出力されます。ただし、フォーンジャックではなくミニジャックとなっている点に注意。

メリット、デメリットがハッキリしていて、人を選ぶアンプかも?ですね。

electroharmonix(商品ページ)
http://www.electroharmonix.co.jp/traynor/quarterhorse.html

 

BluGuitar

AMP1

 BluGuitar / AMP1
BluGuitar / AMP1

  • 出力 : 100W
  • 真空管 : NANOTUBE(パワー部)
  • チャンネル : 4ch
  • コントロール : ・Front(Ch Select, Volume, Gain, Master, Bass, Middle, Treble, Reverb, Master)・Side(Boost, Modern Vol/Tone, Classic Vol/Tone, Clean Tone, Fx Loop P/S, Noise Gate)
  • 端子 : MIDI, SPEAKER OUT(8/16Ω), Rec Out(Phone), Fx Loop
  • サイズ : 245(W) × 192(D) × 68(H) mm
  • 重量 : 1.2kg

今回、ご紹介する製品の中では最も大きいもの。サイズ的に取り上げようかどうか迷いました。ただ搭載機能を考えると、あり得ない程のコンパクトさを実現していると思います。

パワーアンプにNANOTUBEという極小の真空管が使用され、プリアンプはソリッドステート。100Wもの出力を誇り、ステージでも十分活躍が期待できます。3バンドEQ、エフェクトループも搭載。

歪みは3種類をノブで選択、フットスイッチでクリーンと選択した歪みの切り替えを行えます。側面には、各チャンネル毎のボリューム調整・トーン補正ツマミがあり、個別に調整可能(Vintageを除く)。ブースト量を増減するノブ、ノイズゲートも側面にあります。

Masterがあるのも便利で、最終段で出力を調整出来ます。マニュアルによると12時の位置で30W。ブースターは歪みの前段に置かれており、ゲインブーストになります。

私が調べた限りのデメリットとしては、ノイズゲートがリバーブの後ろに配置されているようで、残響に影響を与えてしまう事と、レコーディングアウトのキャビシミュのオンオフが出来ない事。
特に後者は、他社製キャビネットIRを使って録音したい場合厳しいですね。レビュアーの方の音源等聞くと、お世辞にもコイツのエミュレート良いとは言えない。邪魔(笑)。

NAMM2018にて「AMP1 Mercury Edition」が初披露された模様。今年末頃に発売される見通しの様ですが、日本に流通するのは大分先になりそうです。

イケベ(BluGuitarページ)
https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/bluguitar_amp1

 

Baroni Lab

MINI AMP 50

  • 出力 : 50W(6Ω)/40W(8Ω)
  • チャンネル : 2ch
  • コントロール : Drive, Drive Vol, Master, Bass, Middle, Treble, FootSW, Cab Sim On-Off SW
  • 端子 : Input, Fx Loop, Speaker(2-16Ω), 23VDC
  • サイズ : 98(W) × 125(D) × 40(H) mm
  • 重量 : 750g

Baroni Labから出た驚愕のペダルアンプシリーズ!ペダルボードで全てを構築できる夢の様なアンプ♪コチラは50Wモデル。キャビシミュはG12H。

製品には”Custom AMP”とプリントされてますが、公式サイトでは”MINI AMP”となっているのが謎。30Wモデルもあり出力違いの兄弟機です。

キャビシミュのオンオフスイッチが右側面にあり「センド端子に反映される」とのことから、センド端子がラインアウトを兼ねているものかと思われます。詳細はちょっと分かりませんm(__)m

 

MINI AMP 100

  • 出力 : 100W(4Ω)/60W(8Ω)
  • チャンネル : 2ch
  • コントロール : Drive, EQ, Drive Vol, Bass, Middle, Treble, Master, FootSW
  • 端子 : Input, Fx Loop, DI Sim, Speaker(2-16Ω), 29VDC
  • サイズ : 98(W) × 125(D) × 40(H) mm
  • 重量 : 750g

コチラは驚異の100Wモデル。30/50Wモデルとはコントロール系統も違い、独立したDI OUTを備えております。キャビシミュモデルはCelestion V30。

MINI AMPシリーズはソリッドステートですが、必要十分な機能を備えながらこのサイズ、そして価格も信じられない程抑えられた設定だと感じます。

可搬性抜群、機能十分。となると、やはり決め手は「出音」になるでしょうね。

※2018年2月現在、国内の流通量は非常に少なく、販売店舗さんも調べた限りでは、宮地楽器さんとGuitar Maniaさんの2店舗だけ。気になる方はお早めに!

Baroni Lab HP
https://www.baroni-lab.eu

 

SIB Electronics

CHARGER

  • 出力 : 20W~50W
  • チャンネル : 1ch
  • コントロール : Volume, Bass, Treble, Master
  • 端子 : Input, 9-15VDC, Speaker(4-16Ω)

SIBというアメリカのハンドメイド・ブランド。いわゆるブティック系。
詳細が不明で、おそらく日本に入って来ないと思いますが、おまけ的に載せておきます(笑)。

ソリッドステートアンプで、こちらも見事にペダル体形。
キャビが付いてるかの様な見た目もグッド。

Volumeが入力ゲインになっていて、クリーンからオーバードライブまでコントロール出来ます。Masterがアウトプットレベル。2バンドEQは、どのポジションでも使えそうな印象。

たまたま見つけて動画で音を聴いてみると、LaneyのCUBシリーズの様な出音でかなり好きです!エフェクトループがなく、汎用性は高くないかもですが、ちょっと欲しい^^

奇跡的に国内中古市場で見つけたら、買おう、ウン。

SIB Electronics HP
http://www.sibfx.com/charger/charger.html

 

まとめ

ペダル型アンプ、まだまだ数こそ少ないですが、技術の進化の一端に触れることができました。この小さな箱から50W、100Wといった大きなパワーを生み出せる時代。

現在はソリッドステートタイプのものが多く、ペダル型の真空管アンプの登場が待ち遠しいです。実際、BluGuitarは小型の真空管NANOTUBEを使用しており、KORGのNutubeも製品化がドンドン進むでしょう。

個人的にBaroni Labのものは試してみたいですね。価格もお手頃なので。ただ本命はBluGuitarのAMP1。かなり先に発売されるであろう、新しいバージョンに照準を定めています。

出来れば、レコーディング機能に重点を置いたペダルライクなチューブヘッドを、誰か開発してもらえないだろうか?私、本当に小型命!でございます。

悲しいけど、貧乏人の部屋ってマジ狭いんだよね( ;∀;)

ABOUTこの記事をかいた人

nanasi

知識ゼロから、WordPressで音楽サイトを構築すべく、現在も悪戦苦闘中。名前も画像も、コロコロ×2変えながら、徐々に形になっていく様もお楽しみ下さい^^ 投稿は週1くらいのマイペース。慌てずまったりと楽しみながら、末永く続けていきたいと思っとります!