良いボーカリストの条件とは?

あなたは、どんなボーカリストが好きでしょうか?そして、それは何故でしょう?ルックスがいい、声が魅力的、なんとなく好き、等、何らかの魅力をそのボーカリストに感じるからですよね。

ルックスや声質というのは才能であり、誰もが持っている個性です。こればかりは変えようがありませんが、ボーカリストの魅力は決してそれだけで語ることはできないと思います。

今回は、私が思う、グッドボーカリストに必要な能力を挙げていきたいと思います。ボーカリストを目指す方の参考になれば幸いです。

良いボーカリストの条件

① ハイトーンが出せる

個人的には高域が出せないボーカリストは聴いててつまんない。単純に表現の幅が狭くなるというのもあります。ただ、これは不思議なもので、歌が上手い人は高い音も自然に出せる傾向があります。

歌が得意な方だと自覚すると歌うことが楽しいですし、普通の人よりたくさん歌っている、というのもあるかも知れませんね。高音はボイトレなどである程度までは底上げできると思います。

 

② 豊かな表情(歌い方)を持つ

ウィスパーボイスでバラードばかりのボーカル曲、曲調が違っても同じ歌い方しかできない、う~ん、つまらない(笑)。人間は同じ事を繰り返されるといつかは必ず飽きてしまいます。

ミュージシャンは、多ジャンルの音楽を聴き、知り、学び、自分の中に吸収していかなければ、息長く活動していくことは難しいと思います。
一流のボーカリストは時に激しく、時に優しく、音を多彩に表現しています。

 

③ 歌詞を伝えること

言葉をメロディに乗せて、届けているのがボーカリスト。最近の流行りの中には、ボーカルにキツめのエフェクトを掛けて気持ち良い響きを狙ったものも見受けられますが、残念ながら、その代償として言葉を失ってしまっているのです。

メロデイやリズム、響きを重視し、意図的に行っているのならいいと思います。ただ、全曲そんなアレンジされているとげんなりします。「言葉なんて必要ねぇ!魂を聞けっ!」というのなら別に構いませんが(笑)。

ボーカリストは作詞できた方が絶対いいと思いますよ。断言します。これには多くの理由がありますが、その話はまた別の機会に。

 

④ 音符を見せない歌唱

決められたメロディに決められた歌詞をただ歌うだけの悲しいボーカリスト、いますね~。メロディをかっちり歌い、ブレスは決まったところで必ず行う、間違いではありません。ただこれは基本練習のレベルの話。

これは乗っている言葉にもよりますが、音と音の繋ぎやブレスは、ボーカリストの味が出る部分です。ただ単純に行えば歌詞とのミスマッチが起こり「音符が見える」歌い方になりがちです。これもつまらない。

まだ出来てないかも?と思われた方は、「赤とんぼ」を練習曲としておすすめします。伸びやかにつないだり、短く切ったり、ホント自由に歌ってみて下さい。意図して毎回違った歌い方が出来るようになればグッドですね。

 

⑤ 多くのスキルを持つ

ボーカリストのスキル、武器ですね。これはあればあるほど表現力が増し、聴衆を魅了することに繋がります。先に挙げたハイトーンもその一つ。他にもビブラート、シャウト、など数多くあります。これらは訓練で身につけることが可能です。

ビブラートも同じ揺らし方ばかりでなく、場面に応じて揺れをコントロール、使い分けができます。色んなテクニックを持っていれば、併用して多様に応用できます。自分の表現したいことが表現できる訳です。

是非、色々研究して、たくさんの技術をゲットして下さい。いいと思うものはパクリまくりましょう(笑)。

 

終わりに

上記していませんが、ルックスは...大事だと思います。というか、そういう世の中ですよね~。暗黙のなんたら。ただ余りに汚らしいとか、そういうことでなければ大丈夫な、はずだ。ただ整った顔立ちの人は確実に有利なこの世界( ノД`)

だが、ボーカリストはやはりその歌声がすべて!磨くなら、他人には負けないその歌声を磨き上げようではありませんか!全世界のボーカリストを私は応援しております。そして私も向上し続けて参りたい所存です。

本日は以上でございます。お付き合いいただき感謝です。

 

ABOUTこの記事をかいた人

nanasi

知識ゼロから、WordPressで音楽サイトを構築すべく、現在も悪戦苦闘中。名前も画像も、コロコロ×2変えながら、徐々に形になっていく様もお楽しみ下さい^^ 投稿は週1くらいのマイペース。慌てずまったりと楽しみながら、末永く続けていきたいと思っとります!